カテゴリ

ホーム ::  ホビー ::  ラジコン・ドローン ::  ドローン・マルチコプター ::  DJI Mavic Air 2 賠償責任保険付 検品済み DJIドローン基本ガイドブックプレゼント マビックエアー2 新品,爆買い

DJI Mavic Air 2 賠償責任保険付 検品済み DJIドローン基本ガイドブックプレゼント マビックエアー2 新品,爆買い


オリジナルガイドブック
SkyLink Japanは、全国初のドローン専門店です。
ご購入後もお客様をサポートします。


Mavic Air 2を使って、空撮コンテンツを次のレベルに進める時がきました。
Mavic Air 2には、48 MP写真、スマートフォト、4K/60fps動画、HDR機能、フォーカストラック、クイックショット、最大34分の飛行時間など魅力的な機能が搭載されています。
1年間の賠償責任保険無償付帯
※賠償責任保険無償付帯を有効にするにはご購入後、エアロエントリーより機体シリアルの紐付けが必要です。
【総合機体保守プラン「SkyLink Care」もご用意しております】
“SlyLinkCare”
※弊社から発送させて頂く商品は、全て事前検品・動作確認を行っておりアクティベーションを致しております。
DJI CARE REFRESH 適用外になりますので、予めご確認下さい。
“DJI
※ご購入前にお持ちのデバイスがアプリに対応しているかご確認ください。

同梱物
スペック表1スペック表2

4K/60fps 動画
素晴らしい映像を、あなたの手で
滑らかな4K/60fps動画撮影を手軽に行えるため、創造性溢れる空撮が可能です。
D-Cinelikeフラットカラープロファイルを採用し、後処理用に使用する詳細な画像情報を保持します。
HEVC (H.265)動画コーデックは、より膨大な画像情報を、より少ない容量で記録します。
また、映像のダイナミックレンジと共にディテールまで保持するため、上質なコンテンツを作成できます。
4K/60fps 動画
HDR動画
多彩なディテールを手軽に再現
HDR動画が素晴らしい理由は、高性能クアッドベイヤー配列を採用したイメージセンサーにあります。シングルフレームでそれぞれ異なるエリアに露光レベルを分け、明暗部のディテールを正確に捉えます。
イメージは多層化され、より広いダイナミックレンジで、色彩豊かでバランスのとれた美しい映像を生み出します。
HDR動画
48MP 写真
細部まで鮮明に
1/2インチCMOSセンサーを使用するので、Mavic Air 2は 印象に残る48 MPの写真を撮影できます。
さあ、旅に出て、 さらにレベルアップした空撮作品を撮影しましょう。
48MP 写真
スマートフォト
最適化された撮影機能
Mavic Air 2に搭載された新機能スマートフォトは、最適な効果を得るため、シーン認識/ハイパーライト/HDRを1つのモードに統合した機能です。
シーン認識は、様々なカメラパラメーターをそれぞれのシーンに合わせて最適化し、夕焼け/空/草地/雪/森林の5つのカテゴリーのインテリジェント認識機能に対応しています。[1]
スマートフォト
HDRパノラマ
全景を、一枚のフレームに
Mavic Air 2には、DJI製品の中で最先端のパノラマモードを搭載。
より広いダイナミックレンジを実現し、鮮明な色合いを忠実に再現します。
HDRパノラマ
インテリジェント機能
映画のような撮影を
Mavic Air 2のカメラは、インテリジェント撮影モードを搭載し、パワフルな性能を発揮。映画のような迫力ある映像を撮影できます。
クリエイティブな空撮が今まで以上に簡単に行えるため、想像力を思う存分駆使して映像を制作しましょう。
インテリジェント機能
フォーカストラック
空を、思いのままに
フォーカストラックを使えば、プロレベルの映像撮影が手軽に行えます。
Active Track 3.0/Spotlight/POI 3.0といった、使いやすいインテリジェント トラッキングモードで構成されたこの機能を使用して、創造力を解き放ちましょう。
フォーカストラック
8Kハイパーラプス
時間軸とカメラワーク
Mavic Air 2は、ハイパーラプスの8K撮影に対応。
時間が圧縮され、空間を移動していく不思議な映像を収めることができます。さらに、撮影後の複雑な後処理作業は不要です。
フリー/サークル/コースロック/ウェイポイントからモードを一つ選び、撮影場所を選択すれば、残りの作業はDJI Flyアプリが行います。[2]
8Kハイパーラプス
クイックショット
シンプルな操作で広がるイメージ
クイックショットを使って、映画のようなビデオクリップを自動で撮影しましょう。数回タップするだけで、Mavic Air 2は複雑な飛行ルートを計画して飛ぶことができ、プロ品質の映像を撮影できます。
使いやすいストーリーテンプレートで音楽、エフェクト、フィルターを追加して、自分の作品をSNSで直接共有することもできます。
クイックショット
OcuSync 2.0
自由度は限りなく
OcuSync 2.0は最大10 kmの動画伝送距離を達成し、1080p FHD解像度の映像をドローンカメラから直接ライブ配信できます。自由度の高い飛行とさらにクリアな映像で、完璧なショットを捉えましょう。[3]
OcuSync 2.0
2.4/5.8GHzデュアル周波数帯自動切替
安定した信号で、飛行をスムーズに
Mavic Air 2は、2.4/5.8GHzデュアル周波数帯通信に対応。
リアルタイムで干渉が少ないチャンネルに自動で切り替わります。[4]これにより、厳しい環境でも機体の対干渉性が大幅に向上し、より安全な飛行が可能になります。
2.4/5.8GHzデュアル周波数帯自動切替
バッテリーと飛行性能
飛行時間はさらに長く
最大34分のバッテリー駆動時間により、理想の瞬間を捉えるまで、飛行を続けられます。
また、スポーツモードでは最大68 km/hの高速飛行で、躍動感のある映像を撮影できます。[5]
バッテリーと飛行性能
障害物回避
より安全に飛行
Mavic Air 2は、前方/後方/下方の3方向で周囲の状況を認識することができます。
補助ライトで視認性は向上し、障害物回避による幾重にも及ぶ安全性により、さらなる飛行の限界に挑戦することができます。
障害物回避
APAS 3.0
高度操縦支援システム(APAS) 3.0 [6]は、高度なマッピング技術を利用して、複雑なシナリオの中で円滑な飛行と確実な障害物回避を実現。
障害物回避の性能と自動飛行計画は、従来のバージョンに比べ大幅に改善され、安全性が向上し、より多様な飛行が可能になっています。
APAS 3.0
DJI Flyアプリ
使いやすい編集機能
DJI Flyアプリを使うと、今まで以上に簡単に、満足のいく動画を作成できます。
DJI Mimoアプリの編集機能では、マニュアル設定、高度な機能、使いやすいテンプレートなどがあり、短時間でプロレベルの作品を編集できます。
DJI Flyアプリ
送信機
パイロット向け設計
新設計の送信機は、バッテリー駆動時間が240分[7]と大幅に長くなり、人間工学的なデザインでグリップが持ちやすくなりました。
新しいクランプはスマートフォンをすばやく簡単に装着でき、アンテナが統合され、使いやすさが劇的に向上しています。
送信機
備考:
1. スマートフォトモードで撮影した写真解像度は12 MPになります。
2. 8K解像度はフリーモードとウェイポイントモードにのみ対応しています。
3. 障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合。(日本国内では、最大6 km) 最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンスを踏まえた概測になります。
必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、常に目視可能な場所でドローンを飛行させてください。
4. 国や地域によっては、現地の規制により5.8GHz伝送はご利用になれません。(日本国内では2.4GHzのみ利用可)
5. 無風環境下で、速度5.1 m/s、角度9°で測定した飛行時間です。
6. APAS 3.0やフォーカストラックは、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps、1080p/240fpsの動画撮影では利用できません。
7. バッテリー駆動時間は、電波干渉のない環境で、Androidスマートフォンを使用して測定。
8. ND 16/64/256フィルターセットは、Fly Moreコンボに含まれます。ND 4/8/32フィルターセットは別売りです。
本ウェブサイトに掲載されている写真や動画のコンテンツは、関連する全ての法律や規制を遵守して撮影しています。






Copyright © 2021 kenpristhomes.com. All rights reserved.

サイトマップ